マイホームを売ったときの税金

Q.マイホームが買った時よりも高く売れた場合は税金はいくらぐらいかかりますか?

A.売って、買った時より高く売れた場合の税金、とても気になりますよね。
そんな不安を解決致します。

マイホーム(居住用財産)を売ったとき、所有期間の長短に関係なく譲渡所得から最高3000万円まで控除ができる特例があります。
これを、居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例といいます。

この3000万円という金額ですが、利益の3000万円までは、かかりません!という意味です。

例を出しますと

2000万円でマイホームを購入

5000万円でマイホームを売却

利益が3000万円

居住用財産を譲渡した場合の3000万円の特別控除を使用

税金は0円となります。

特例を受ける為の条件はあります。

◎適用条件
・所有者自身が実際に住んでいた家屋であること
・所有者が居住しなくなった日から3年後の12月31日までに売った時

△対象外
・自宅の建替え期間中の仮住まいやその他の理由で一時的その家屋に入居して住民用を移していも特例は受けれません
・特例を受ける目的でのみ入居したと認められる場合や、趣味や娯楽、別荘なども特例の対象外です

~よくある質問~

Q.長く住んでいないと駄目ですか?
A.マイホームとして使用してあれば短期間の所有でも適用できます。

Q.利益は年収に加算されますか?
A.加算されません。

Q.何時でも使えますか?
使えません、この特例は3年に1回です。
(前々年、前年、本年に3000万円控除を受けていない事)

Q.3000万円の特別控除を使った後、住宅ローン控除はすぐ使えますか?
併用できない為、使えません。
3年後なら利用できます。

お問い合わせ