スタッフ紹介

◇株式会社ナレルのスタッフ紹介ページです。
不動産について気になられること等、お気軽にご相談下さいませ!

代表取締役社長

前田 竜馬

ナレルを起業するきっかけは『お客様の声からでした。』

まずは私が不動産業界に入ったきっかけを書かせて頂きます。

私は高校を卒業を目前に控えた時、親にデザインの専門学校に進学したいと伝えました。

しかし返ってきた答えはお金が無いので自分でお金を貯めて行きなさいと言われました。

私の家は5人兄弟でしたので仕方がないと思い、専門学校の入学金や月謝を貯める為に複数のアルバイトを始めました。

高卒フリーターのアルバイトで稼げる金額なんてたかが知れているのにそんな事も解らないほど世間知らずでした。

そのアルバイトをしている時に卒業高校を聞かれものすごくバカにされました。

専門学校に行く為にお金を貯めるという目的より、色んなバイト先でまず卒業高校を聞かれることが恥ずかしくなりました。

私が中学生のころ、5つ上の姉から、「勉強しないと後で後悔するよ」!と言われたことを思い出していました。

複数のアルバイトをして8ヵ月が過ぎた頃、生活費も必要でしたので貯まった貯金は20万円でした。

このままでは専門学校の入学金なんて無理だし、自分は早く社会に出て一人前になりたいという気持ちのほうが強くなっていました。

そこで学歴が無くても認められる仕事に付かなければと考えました。

自分なりに調べた結果、営業職であれば実力で認められると思い、何を売るかという事を考えました。

無くならないものがいいなと考え、衣・食・住の中で選べば間違いないと思い営業職として一番向いている住を選びました。

私が初めて就職した会社は、売買仲介を専門とする不動産会社でした。

与えられた仕事は、毎日お家を1件1件訪問して家を売りたい人を探す仕事でした。

チャイムを鳴らし「お家を売る予定はありませんか?」と言うと

「やっと苦労してローンを支払った家を売るわけないでしょっ!」とよく怒られていました。

そして水をかけられたり、犬にかまれて病院に駆け込んだり、熱中症になり倒れたり、と初めて苦労らしい苦労をしました。

そんな大変な思いをして得た初任給が手取りで10万円にも満たない金額でした。

その時、私はお金を稼ぐ事がこんなにも大変な事なんだ

親はこんなに苦労をして自分を育ててくれたんだと初めて実感

し両親に対して心から感謝の気持ちが芽生えました。

その後2年間、飛込み訪問を続けました。

宅地建物取引主任者の資格を得て次は賃貸仲介専門の会社へ転職しました。

そこは先輩達も歳が近くアルコールアレルギーの為お酒の付き合いは大変でしたが、とても良い先輩方に恵まれ、がむしゃらに頑張り、25歳の時に一つの店舗を任せられ店長となりました。

それなりの給料を頂いていましたが、頑張り過ぎたのか過労で倒れ、手術と入退院を繰り返しました。

一番大事なのは身体だと痛感し、休養の為会社を退職する事にしました。

退職後、多くのお客様から「お部屋を探してほしい」
「前田さん(私)にお願いしたい」との連絡を頂きました。

お客様が頼ってくれているのなら、と知り合いの会社へお願いをしフルコミッションという形態で体調管理を徹底しながら仕事を致しました。

1年ほど続けていると、気が付けば開業できるくらいの資金が貯まっていました。

独立のするべきか否か、とても悩みました。

仕事には自信はありましたが、一番の不安要素は自分の体調でした。

開業となると簡単に会社を辞める訳にはいかないので、ずっと続けて行けるだろうかと本当に悩みました。

『人生1度きり、やらずに諦めるより、やってみて駄目で後悔したほうがまだマシだっ!』

その言葉を自分に言い聞かせ、お客様が頼ってくれる気持ちに応えたい!という気持ちが勝り

2007年5月1日に株式会社ナレルを設立しました。

初めは自宅として借りていた南区の2LDKのマンションの一部屋でスタートしました。

大きなワンボックスカーを購入して車の中でパソコンで物件を紹介し案内するスタイルで仕事を行いました。

1人暮らしのお客様が多かったため利便性を考え、すぐに中央区のマンションの一室に事務所を移し、それを機に広告を掲載して新規のお客様を対応するようになってのですが、御紹介のお客様とは違い事務所がマンションの一室という事が不安感をあたえてしまい、これではいけないと感じ、思い切って貯金を使い果たし、現在の赤坂のオフィスに店舗を移しました。

賃貸営業と賃貸管理中心でしたが、おかげさまで多くのお客様に支えられ、あっという間に数年経っていました。

数年経つと今まで賃貸で借りて頂いたお客様が、家庭を持ち『お家を買いたいんですが相談できますか?』という声が増えて参りました。

それが不動産売買仲介業を行うきっかけとなりました。

一戸建てやマンションを購入したお客様から『入居前にリフォームをしたいけど相談できますか?』という事でリフォーム、リノベーションも行う様になりました。

土地を購入して頂いたお客様から『家を建てたいから相談できますか?』という事で新築住宅も手掛ける様になりました。

そして今はお客様の次の要望に応える為に、自社でリフォームマンション、新築企画住宅の販売も行うようにしました。


このようにナレルはお客様からの要望で成長させて頂いております。

これからも多くのお客様から必要とされる企業にナレルように歩み続けて参ります。


                         
平成27年7月吉日
代表取締役 前田 竜馬

いつも心においている言葉

「感謝」「一所懸命」

自己紹介 食べる事が大好きな2児の父です。

1978年生まれです。身長は180㎝程あります。

子供からは「 お父ちゃん 」と呼ばれています。
(たまにゴリラとも言われます)

休日は近くの公園でサッカーや川辺で虫捕りや魚釣りをして子供達に遊んでもらっています(笑)
出身地 鹿児島県鹿児島市(福岡の方が長く住んでいます)
星座/血液型  魚座/O型 
趣味 映画館での映画鑑賞・建築見学・腕時計鑑賞
好きな言葉 ありがとう
将来の夢 ディズニーランドに家族で一週間滞在してみたいです。

店長

長澤 徹



情報が溢れてる中でのお部屋、物件探しが大変だ
と最近よく聞くようになりました。



不動産のプロとしてお客様それぞれに合った正し
く、適したアドバイスができるように、日々精進して
おります。



大好きな福岡のその街々の歴史や最新情報も仕
入れてますので、お気軽にお声掛けください。

出身地 福岡県糟屋郡
血液型 A型
星座 蟹座
趣味 ドライブ・ゴルフ・スポーツ観戦
好きな言葉 有言実行 諸行無常 三方良し
将来の夢 F1、PGAツアー全戦観戦

事務・管理業務

渡邊 幸代


学生時代、バストイレ同・エレベーターなし5階・室内洗濯機なしの6帖1Kに住んでいました。

最初はとても抵抗がありましたが、どうしてもダメなら一年で引っ越せばいいやと住んでいるうちに馴染んでいき、オーナーさんがとてもいい方だったこともあって結局数年間お世話になりました。

  一般的には遠ざけられがちな条件でしたが、
バストイレ同⇒掃除が楽 
エレベーターなし⇒足腰が鍛えられた。

ついお菓子を買いにコンビニ行ってしまう、ということがちょっと減る。

室内洗濯機なし⇒そのスペース分、部屋が広くなる。洗濯の時間帯や水漏れの心配をしなくていい。

屋上の洗濯機で洗濯をしている間、夜空を眺めながらビールを飲んで涼んだりできると、いい面も発見できたことがよかったです。

住めば都とはこのことかと実感しました(笑)

最初は気付かなかった意外なところに出会いがあるかもしれません。

お住まいを決めるということは一大イベントなので色々迷ったりされると思いますが、どこかにあるピッタリなお家と出会うお手伝いが出来たらと思います。

出身地 福岡市中央区
血液型 O型
星座 射手座
趣味 猫と遊ぶこと
好きな言葉 悠々自適
将来の夢 戸建で犬と猫を飼う